NO IMAGE

空っぽの墓

2021.04.04 マルコの福音書16章1-8節 キリスト教はキリストの十字架とその後の空っぽだった墓からはじまりました。この朝、人類の歴史の流れが変わったのです。この墓が今を生きる私たちに何を教えているのか考えていきましょう。 1、もう不安、恐れに縛られない。 日曜日の...

NO IMAGE

「だから大丈夫なのです」

マタイの福音書1章1-17節 2020.12.06  新約聖書の冒頭にある長い系図は意味深いものであり、私たちすべての人にとっての神様からの「だから大丈夫だよ」というメッセージなのです。 1、神様は約束を守ります。  神はアブラハムに、彼の子孫によってすべての人が祝福を受け...

NO IMAGE

その20 叱られる恵み

訓戒を愛する人は知識を愛する。叱責を憎む者はまぬけ者だ。 箴言12:1 誰だって人から叱られたいとは思わない。怒られたら嫌な気分になる。人前だったらなおさらだ。 しかしよく考えてみれば、人間叱られなくなったらお仕舞だ。「この人には改善の余地がある。まだ成長できる」と思ってもらえるからこ...

NO IMAGE

その19 心を制する

自分の心を制することができない人は、城壁のない、打ちこわされた町のようだ。箴言25:28 どんなに科学技術が発達し、豊かになっても、私たちの人生には、思うとおりにならないことが多い。人との関係もそうだし、仕事や、経済も思ったとおりにいかないことが多いだろう。しかし、思い通りにならない最たるも...

NO IMAGE

その18 へりくだること

主の御前でへりくだりなさい。そうすれば、主があなたがたを高くしてくださいます。ヤコブ4:10 自分を少しでも大きく見せたい。美しく見せたい。強く見せたい・・・。そんな願望が、私たちの心に潜んでいる。つまらない見栄をはったり、うそをついて、後で落ち込んでしまうこともあるかもしれない。 ...

NO IMAGE

その132 神の答

2017.03.26 創世記42章 ヨセフの夢の解き明かしどおりに、世界中にききんが起こり、人々がエジプトまで食料を求めてやってくることになりました。そこに13年以上前に、ヨセフを奴隷として売った兄弟たちがあらわれたのです。ヨセフはすぐに気づきますが、兄弟たちは目の前のエジプトの総理大...

NO IMAGE

その131 神の人類救済計画

2017.03.19 創世記12章1-4節 神様は世界中のすべての人が、キリストを信じることによって救われ、永遠のいのちを持つことを願っておられます。では神様はどのようにして、その救いを人々にもたらそうとされているのでしょうか。神様の方法を学びましょう。 1テモテ2:4 神は、す...

NO IMAGE

その130 赦されるとは

2017.02.26 ルカの福音書7章36-50節 イエスがパリサイ人シモンに食事に招かれたとき、イエスの足を涙でぬぐい、香油を塗った「罪深い」女性がいました。イエスはパリサイ人の心を見抜き、たとえを使って「赦される」とはどういうことなのかを教えられました。 1、背負いきれない苦...

NO IMAGE

その129 二つの道

ルカの福音書23章32-43節 イエス・キリストが十字架に架けられるシーンです。十字架刑とは、当時のローマ帝国で行われていた最も残酷で厳しい処刑方法でした。実はその時、イエス・キリストの他にも2人の犯罪人が一緒に十字架に架けられていました。そのうちの一人は、死の直前にイエス様から天国への約束...

NO IMAGE

その128 神が味方なら

2017.02.12 創世記41章1-44節 釈放された囚人仲間の夢を解き明かしたヨセフですが、その後2年間忘れられてしまい、牢獄で暮らすことになりました。しかしエジプト王の見た夢をきっかけに、牢から出ることができたばかりか、総理大臣の地位を与えられました。 1、神は忘れない。 ...